西川史子が番組卒業してまで医療、病院に専念する理由とは?

番組卒業は病院業に専念するから

医師免許を持ち医師として働きつつもバラエティ番組や情報番組などあらゆるメディアでも活躍している西川史子さん。

美しい容姿と高い知識から大勢の方々に支持され続けています。

そんな西川史子さんが新たなるステップとしたのが、これまでよりも医師としての立場で活躍する機会を増やしていくという事であり、本来医師を目指すきっかけになった事を今一度考えつつ新境地で活躍する事でした。

人気タレントを卒業してまで西川さんが目指しているのはどんな事なんでしょうか?

今回はそんな西川史子さんの病院に対しての想いなどについてまとめてみました。

西川史子が女医になったきっかけは?

西川史子が医師になる決意をしたきっかけは父が開業医をしていた事が関係しており、物心がつく頃から病院に親しみを持っていた上に、医師として働く父の姿を見ていた事も関係があります。

しかも、父からも将来は医者になるように言われていた上に尚且つ母からは医者や教師、弁護士として働ける免許を有しつつ人生のあらゆるイベントを経験しながら働ける人材になるように言われていた過去があります。

西川史子親

なぜ美容医療を目指した?

そんな西川さんにある転機が訪れます。

親や当人の希望通り医者になって活躍する事ができるようになりましたが、本来は整形外科で働いていたのにも関わらず、現在のように美容医療に携わるようになったのは患者として訪れる方々と自らの体格の差が関係しています。

整形外科に訪れる患者は男性が多い上に柔道などに励んでいる屈強な方が多いので、女性が1人で患者の身体を支えて脱臼した部位に再び骨を入れる事について大きな負担を感じていましたが、美容医療であれば女性ならではの特徴が活かせると考え西川史子は美容医療に目を向けて目指す事になります。

西川史子が病院を選んだ理由

今日のように病院と美容の関係性が深い状況ではなかったため、女性が活躍できる医療機関として印象が強いのは産婦人科もしくは皮膚科でしたが、大学時代に皮膚科に関する事は学んでいなかったという理由から個人病院に行く決意をします。

個人病院で働く決意をした時、現在のようにインターネットが発達しているのならインターネットを利用して情報収集をする方が多いですが、当時はインターネットが無かったという理由から大勢の医師の論文に目を向けて1つの病院に絞り込みます。

論文を介して院長の考えに感銘を受けた西川史子は、早速履歴書を手がけて持参して研修という段階からキャリアをスタートさせていきました。

既に医療機関にて働いていた経験がある中、気持ちを新たにして学びを深める事ができたのは院長の考えや発言が関係しており、院長はいつも患者は宝物であると発していたので、病院が本来持つべき姿であると感じて腰を据えて活躍するようになります。

そのため、頼ってくれる患者には1人ずつじっくりと時間をかけて向き合って治療を施していくという形を大事にしていますが、時間をかけてじっくりと診察をしていく事が大勢の患者に頼りにされるようになっている所以でもあります。

ですが、

実際に現場に入って感じたのは些細な事にも違いがある事でした。

医療機関と言えば痛み止めや麻酔などで注射器を使用する機会が多いですが、整形外科で使用している物とは太さが異なるなど、このような差異が多数存在していたのです。

西川史子

そんな中でも西川史子は気持ちを新たにして学び始める決意をし、現在に至ります。

西川史子の今後

医師として活躍しながらテレビのあらゆる番組に出演していたのは、テレビを介して医療について大勢の人々に知ってもらいたいという気持ち現れでもあったので、十分に自らの存在を通じて情報が伝えられたからこそ、再び医療機関に軸足を置いて活躍する準備を行っています。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。