西川史子の元旦那・福本亜細亜ってどんな人?もう再婚したの?

西川史子の元旦那は?

医師でありながらタレントとしても活躍している西川史子さん。

現在は独身ですが、依然結婚していたことがあり元旦那は葛飾区で区議会の議員をしていたことがある福本亜細亜さんです。

今回はそんな西川史子さんの元旦那についてまとめてみました。

西川史子の元旦那とは?

福本亜細亜

福本 亜細亜(ふくもと あじあ)

生年月日:1974年2月14日

出生地:東京都港区

出身校:東北福祉大学社会福祉学部

所属政党:自由民主党

福本さんは、学生時代は野球部で活躍して大学時代には全日本大学野球選手権大会で準優勝した経歴もあり、大学卒業後はプロゴルファーを目指してアメリカで生活をしていた経験もある方です。

その後、日本に帰国し国会議員の秘書になった後で区会議員に出馬し当選、4年間務めました。

そして現在は、葬祭場の経営者として活動しています。

福本さんの父親も特別養護老人ホームを経営していて、親子で事業家として活動しているようです。

二人の出会いは?

西川さんとこの元旦那が出合ったのは、2000年代のことだと言われています。

西川さんとこの男性は交際を始める前から知り合いであったと言われていて、交際が始まるまでの期間も長かったことから、それまでに相手のことを十分に知っていたようです。

どちらが恋愛に積極的だったのかもわかっていませんが、伝えられているところによると、より積極的にアプローチをしたのは分かれた旦那さんの方らしいです。

二人の交際が始まってからは、結婚まで順調に進み、二人が挙式をおこなったのは2010年のこと。

西川史子結婚式

このとき二人の媒酌人になったのは、現役時代にはピッチャーとして活躍した元プロ野球選手の桑田真澄さんです。二人と親しい間柄であったことから媒酌人に選ばれ当時話題になりましたね。

離婚理由は?

交際期間が長かった二人、結婚生活も順調にいくと思われていましたが、多くの人の予想に反して二人の結婚生活は短いものでした。

結婚生活は4年ほど、その後二人は正式に離婚して現在では離れ離れに生活しています。

なぜ、交際期間が長かった二人が結婚生活を4年で終えてしまったのでしょうか?その離婚理由についてはさまざまな噂が飛び交ってます。

西川史子

飲酒?

一方だけに原因があったと言う人もいれば、両方に原因があったという人もいて、詳しいことは現在でもよくわかっていません。

週刊誌などでは飲酒が離婚の原因になったと報道されたこともありますが、記事の内容が本当に離婚の原因になったのかどうかも判断するのが難しいところです。

子供ができなかったから?

結局のところ、本当の離婚の理由は当事者同士でなければわからないことも多いので、他人が外部からあれこれと推測をしても、全く見当違いであったということもよくあります。

二人の間に子供ができなかったことが離婚の原因になったという人もいますが、これもあくまで噂にすぎないために本当のことであるかどうかはよくわかりません。

再婚はあるのか?

二人の離婚のことではっきりとわかっているのは、二人が離婚を決意する1年前から、西川さんは離婚のことを考えていたということです。

この1年の間に西川さんも離婚をするかどうか一生懸命考えたのかもしれませんが、結局西川さんは旦那さんと離婚することに決めました。

離婚が成立したことは、西川さんが所属している芸能事務所から発表されて、1年前から悩んでいたということも芸能事務所のコメントで明らかになりました。

また、このときの発表では二人が離婚したときの2か月ほど前から、すでに別居していたことも明らかになっています。

西川さんは離婚を発表した当時、離婚をすることはお互いにとって良いこととコメントとしていて、前向きな離婚であることがわかりました。

西川さんはこの元旦那さんと別れてから、再婚の可能性は低くずっと独身を通しています。

では旦那はというと…

福本さんは再婚したとの噂もありましたが、実際はしていないようですね。

元旦那も西川さんと別れたあと、独身のままのようです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。