松本幸四郎の妹・松たか子の魅力とは?

松たか子の魅力について

十代目松本幸四郎の妹といえば松たか子さんですね。

最近ではアナ雪でも話題になりました。

今回はそんな松たか子さんの魅力についてまとめてみました。

伝統と格式高い家柄に生まれた松たか子

日本の芸能界には様々な事情を抱えた人がいます。

裕福な家庭に生まれた方もいれば、極貧な育ちであったり、国籍が外国で幼少期不遇な目にあった人などなど。

その両者を比べてみると、裕福な家庭育ちより、そうじゃない人の方が成功している確率が高い感じがします。

不遇な境遇だからこそ、競争が激しく厳しい世界でもハングリー精神で困難に打ち勝ち、ド根性でスターの座を手に入れることができるのでしょう。

どのジャンルにおいても、トップスターの座を狙うには、あまりにも競争相手が多く、競争相手は才能に長けた人が多いのも芸能界です。

このような環境下で、育ちの良い人や裕福な人はなかなか芸能界では生き残れず、トップになるのは難しいとされているのも事実だと言えます。芸能人二世や会社経営者の娘や、伝統と格式を持った家柄の子息はほとんどトップスターになれてません。

それだけ芸能界という世界は本当に厳しく、並々ならぬ努力や強靭な精神力の他、持って生まれた才能と強運が備わっていないとスターにはなれないのです。

しかし家柄が良い令嬢であるにもかかわらず、トップスターの座を手に入れた女性がいます。

それが十代目松本幸四郎の妹である松たか子さんです。

松たか子

松たか子

本名:佐橋 隆子(さはし たかこ)藤間 隆子(ふじま たかこ、旧姓)

別名義:松本 幸華(日本舞踊)

生年月日:1977年6月10日

出生地:東京都

身長:165cm

血液型:A型

彼女は日本の古典芸能である歌舞伎の家に生まれました。

父は日本を代表する歌舞伎俳優の二代目松本白鸚です。

父自体も非常に人気の歌舞伎役者であり、その実力は梨園の中でもトップと言って間違いないです。

松本白鸚・松たか子

こうした歌舞伎の世界に生まれたものの、女性はこの歌舞伎という職業を継承できない決まりになっています。そのため松たか子は自分の進路や将来についてどうすべきか非常に悩んだと言われているのです。

伝統と格式を重んじる家柄であるだけに、自分勝手な行動はできず、行動を慎まなければいけません。

しかし自分で自分の道を切り開かなければ、将来がないと感じ家柄ゆえに非常に苦しい思いをしたことでしょう。

木村拓哉との共演で一躍有名に

しかし松たか子は類まれなる美貌で日本の芸能界でデビューすることになります。

高校生のころからその美しさは際立ち、すでに日本の芸能界で仕事をしていく事を決意し、名門校である白百合学園を中退し、芸能に特化した堀越学園に転入してます。

彼女の決意は固く、そこから快進撃をみることになるのです。

二十歳目前で、人気のテレビドラマに立て続けに出演することになります。

主演は木村拓哉さんのドラマであり、脇役であったとしても彼女の演技はきらりと光り、存在感を放ちました。

松たか子・キムタク

これは伝統芸歌舞伎の血筋ゆえで、表現者としての天性のDNAを引き継いでいると言って間違いないです。

二十歳目前であっても目力があり、表現力がほかの女優よりも際立っていました。

その後は、テレビドラマのみならず、三谷幸喜演出のドラマや映画のオファーを受け、実力派演技派の女優として名をはせるようになりました。

活躍の場を広げていった

父である二代目松本白鸚の演出やプロでユースのミュージカルにも挑戦してます。

そこでは演技の表現力だけではなく、のびやかで透明感のある美しい声を披露しているのです。

こうしたミュージカル以前にも、美しい声に着目されCDデビューを果たしており、出す歌はヒットチャートにのり、コンサートも開催してます。

松たか子

芝居や歌などマルチな才能をいかんなく発揮し、今では日本を代表する女優であり歌手となっているんです。

松たか子の魅力とは?

とくに松たか子の魅力は目に力があることでしょう。

力強さとともに、悲哀など様々なことを目で表現できる稀有な女優と言えます。

それはやはり、歌舞伎という特殊な世界に生まれたものの、女性であるがゆえに自分で道を切り開かなければならなかった苦労や努力がにじみ出て、それこそが彼女を支えるパワーとなったのでしょう。

松たか子

その強さやたくましさが瞳ににじみ出て、人にはまねのできない表現や目力になっているのだと感じられます。

近年は結婚もされ子供も授かり、安定した幸せを手に入れてます。

ディズニー映画の声優業などにも力を注ぎ、子供たちからも注目され人気となっているのです。

松本白鸚・松本幸四郎・松たか子共に今後の活躍に期待です。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

オススメの関連コンテンツ


このページの先頭へ