市川猿之助はオネェだった?蓮佛美沙子との噂はカムフラでっち上げ!

市川猿之助と蓮佛美沙子の関係は?

市川猿之助さんが結婚しない理由に「実はオネェだから」との噂が立ってるようです。

以前、女優の蓮佛美沙子さんとのお付き合いが噂されましたが、実際二人の関係はどうだったのでしょうか??

市川猿之助とは…

1975年生まれの4代目市川猿之助さんといえば、4代目市川段四郎を父に持つサラブレッドで、幼少期から活躍が期待されてきた歌舞伎役者のひとりです。

市川猿之助

立役や女役での実績が豊富で、しかも舞踊の技術もかなり高く評価されていますから、実力派の歌舞伎俳優だといえるでしょう。

また、作品に関する理解力や表現力が抜きん出ており、的確かつ豊かな表現に定評があります。

2007年にNHKの大河ドラマに出演してからは、知名度が向上して活躍の場が広がりました。今ではテレビドラマや映画、時代劇とバラエティ番組にも出演しているほどなので、4代目市川猿之助さんから目を離すことはできないでしょう。

香川照之との関係は?

市川猿之助・香川照之

あの香川照之さんの従兄にあたる存在ですから、注目を集めたり何かと比較されるのは当然です。

時に奇抜で、存在感や幅広い年齢層のファンを獲得している香川照之からすると、4代目市川猿之助さんはやや地味な印象です。しかし、本業の歌舞伎で地道に出演を重ねて爪痕を残し続けていますから、実はテレビや映画などの出演と合わせるとかなりハードな仕事っぷりです。

仕事一筋のイメージが強いので、プライベートに関してはあまり表に出てきませんが、全く噂がないわけでもないようです。

蓮佛美沙子と付き合ってたの?

例えば、女優の蓮佛美沙子さんと付き合ってるのでは?という噂があります。

蓮佛美沙子

参考:【彼女は有名女優?】市川猿之助が結婚しない本当の理由とは…

蓮佛美沙子さんは鳥取県出身の女優で、2005年にオーディションでグランプリを獲得してデビューを果たしています。

芸能界入りの翌年には何と映画犬神家の一族に出演ですから、グランプリ獲得の実力は伊達ではないことが分かります。更に、新人女優賞や映画祭の最優秀新人女優賞を受賞しているので、デビュー当時から期待値が高かったといえます。

2007年に地元の鳥取県からふるさと大使を委嘱されていますから、地元での期待感や信頼の厚さが窺えます。

ドラマの出演実績は順調に積み重ねられていますし、2016年にはNHKで連続ドラマ小説デビューをしているので、民法以外からも引っ張りだこです。

蓮佛美沙子

大林宣彦監督に「20年に1人の逸材」と言わしめたほどなので、まだまだ若い蓮佛美沙子さんの活躍にはますます期待が掛かります。

40代半ばの市川猿之助さんに対し、これから30代の蓮佛美沙子さんの間には、約15歳くらいの年の差があります。

恋愛をするのに問題になる年の差ではなく、またどちらも演技の実力を持っている俳優と女優ですから、馬が合ったとしても不思議ではないでしょう。

その為、2人は付き合っているのではないかという噂が一時期流れました。

ただ、4代目市川猿之助さんは子供に関する執着がなく、結婚願望もないことを公言しています。またオネエ疑惑や男社会の歌舞伎俳優ということもあって、当初からこの噂には疑いの声がありました。

で、結局のところ蓮佛美沙子さんサイドからも噂を裏付ける情報は出てきていないので、噂は噂のままで真相は不明です。

そもそも、噂の切っ掛けとなった熱愛報道はどこか微妙で、単なる話題作りと思われてもおかしくない内容でした。

それだけに噂はすぐに収束しましたし、人々はみな噂があったことすら忘れています。

オネェでもなければ付き合ってもなかった

改めて2人の経歴を確認してみると、十分に釣り合いが取れると考えられますし、むしろお似合いと言っても過言ではないはずです。ですが、結局のところ蓮佛美沙子さんとは特別な関係ではなく、ただの共演者だったようです。

40歳オーバーで結婚してないので「オネェなのでは?」とか蓮佛美沙子さんと何もなかった事から「オネェを隠すためのでっち上げなのでは?」との噂もあったのですが、結局どちらも事実ではなかったようです。

スーパー歌舞伎

4代目市川猿之助さんは、歌舞伎という特殊な世界の中で芸を磨き高みを目指しているので、結婚願望を持っていないのも頷けます。

結婚しそうにない発言に説得力があるので、蓮佛美沙子さんとの噂が噂止まりなのは残念ですが、心変わりをして浮いた話が出てくることに期待する他ないでしょう。

結婚して落ち着いた方が芸に磨きが掛かる部分もあると思われますから、熱愛報道や結婚の報告に期待を持つならそういう部分になりそうですね。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

オススメの関連コンテンツ


このページの先頭へ