市川ぼたん・ドラマ出演

十歳でドラマ二作目に出演する市川海老蔵の娘の今後は?

“市川海老蔵の娘としてだけでなく、これから役者として…”

市川海老蔵さんの娘・れいかちゃん(市川ぼたん)のドラマ出演が話題になってます。

まだ10歳にして今作品で二作目の出演になるれいかちゃん。今後の活躍にも期待大ですね。

今回はそんなれいかちゃんのドラマ出演についてまとめてみました。

一作目は時代劇でしたが今回は?

市川海老蔵とは誰もが知っての通り、あの有名な歌舞伎俳優なのですが、長男の芸能界進出は以前から取りざたされていました。娘に関しては芸能界に進出するのか、それともしないのかは本人の意思に任せるという考えだったようですが、今回で二作目のドラマ出演のよう。

一作目は時代劇ということもあり、話題となりました。初の出演なので、長男だけでなく娘の芸能界入りが話題となったのですが、今回は現代劇。

まだ十歳と若く、とはいえ普通の十代とは訳が違います。

小さい頃から父親の歌舞伎役者としての姿を目の前で見てきたでしょうし、タレントとして活躍する父親を持っていることは芸能界を目指す上でアドバンテージがあることは間違いありません。

若くしてドラマや舞台に出ることになるなら、どんどんと実力をつけて行くでしょうし、凄まじい成長を見せてくれるでしょう。

市川海老蔵の影響?

はたして、芸能界を目指すことになったのは父親である市川海老蔵の意思なのか?、ですが子供二人ともが芸能界へ足を踏み入れることになったのですから、何かしらの考えがあるのかとも…

芸能界という特別な世界に憧れて、その場所を目指す者は少なくありません。

地方出身者でも若くから人気者を目指し上京するという話は、物語になったり歌になるほどで、よくある話。実際はほとんどの人がその世界に入ることが難しく、ドラマに出るなんて夢のまた夢で、エキストラとして脇役での出演ですらできない現状です。

その理由は芸能界という狭いシステムにもよるのですが、何かしらの作品に出るには事務所に所属している必要があります。そうでなくてはどんな作品に出ることも難しく、簡単な役ですら出してもらえないことも。

芸能事務所に入るために、若者は学校に通ったりオーディションを受けたり奮闘します。それでも目指す人数が多く、選ばれる人がごく少数なので、いくら学校に通ったり勉強しても保証はありません。

オーディション

学校には授業料がかかり、家庭環境によってはアルバイトをしながら自分の道を行くことをして、必死でドラマ出演を目指します。そう考えると、十歳にして二つのドラマに出演して、すでに知名度もあり人気者である市川海老蔵の娘は凄まじい実力と運を兼ね揃えていると言えるでしょう。

もちろん親の力という考え方もできますが、子供だからといってプロが作る作品で妥協が許される訳ではありません。

いくら父親がすごい人でもそれは作品と関係ないので、一つの作品だけでなく二つ目に選ばれたということは、実力を持っているということの証明になります。なので、市川海老蔵のとしてだけでなく、これから役者としての活躍に期待したいですね。

市川ぼたん・海老蔵

また、歌舞伎の道にも進むようなので、演技にもかなり幅があるように思えます。

現代劇や時代劇などいくつもの場で自分自身を磨いて行き、最終的には市川海老蔵のようにテレビや様々な媒体へ出演するようなスターになる期待は大いにあるでしょう。

今から娘・れいかちゃん(市川ぼたん)をチェックしておく事をおすすめします。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。