尾上右近

歌舞伎界のカレー王子・尾上右近が1日2回も行くおすすめカレー屋は?

尾上右近のカレー愛

スーパー歌舞伎『ワンピース』では主役のルフィを演じて、注目された歌舞伎役者の尾上右近さん。

尾上右近さんと言えば「360日カレーを食べてる」と公言するほどカレー好きでも有名ですね。

今回はそんなカレー好き尾上右近さんについてまとめてみました。

右近さんが1番おすすめするカレー屋は?

尾上右近について

尾上右近(おのえ・うこん)は1992年5月28日生まれの歌舞伎役者であり、本名は岡村研佑(おかむら・けんすけ)

尾上右近

ちなみに、「尾上右近」とは歌舞伎役者としての名前であり、名前の継承者としては2代目に当たる事もポイントです。

昭和を代表するスターの1人である鶴田浩二氏と六代目清元延寿太夫氏(本名岡村清道)を祖父に持つ、歌舞伎と芸能界のサラブレッドとも呼べる存在で、現在は株式会社形ファクトリーに所属しつつ歌舞伎やバラエティ等、多くのジャンルで活躍を続けています。

尾上右近がカレー好きになったきっかけは?

そんな尾上氏は、カレー年間360食を公言して憚らない程の芸能界屈指のカレー好きとして有名です。

ただ、本人によると

尾上右近
色々と不規則である事が多い仕事に就いている事もあって、手軽に食べられる丼ものやワンプレート物が好きではあったけれど、カレーが好きである自覚は当初は無かった…

と言います。

ですが、自身でも自覚がないいつの間にかカレーを食べる事が多くなり、とある食事の機会に知人から「結構食べてる様に思うけど、もしかして大好きなの?」というニュアンスの質問を受けそこで初めて、なるほど、どうやら自分はカレー好きだった様だという事で自覚が出たとの事でした。

尾上右近のカレー愛スタートは『ナイルレストラン』

その上で、自身のカレー遍歴を思い返してみると、そのキャリアの1番最初にあるのは歌舞伎座の近くにある日本最初のインド料理の老舗『ナイルレストラン』が挙がるとの事です。

ナイルレストラン

尾上氏によれば、

尾上右近
尾上右近
1日2度は必ず行く。おすすめは王道のムルギーランチも良いが、その時には必ずチキンマサラも注文して欲しい。

と、おすすめのメニュー紹介。

また、

尾上右近
尾上右近

ムルギーランチのライスを大盛にしつつ、半分程食べたらチキンマサラを混ぜて味の変化を楽しむ合わせ技が至高である

との事であり、幾つかのインタビューを確認する限りでは、他にもインド料理関連で編み出した秘技が幾つかあるのだとか。(※所謂、熱狂的ファンだからこそ語れるマニア談という事で、自身の持ちネタとして完成している様子です笑)

本当のカレー好きのみ知る『ツナパハ』

ちなみに自身がインド関連にどんどん嵌ってからという物、周囲からの差し入れも自然とインドの様相を呈してきたとの事で、その中で特にピンポイントに嵌った料理店では同好の士である浅野和之氏から紹介された福岡のスリランカカレーの『ツナパハ』を見逃す手はないとも述べています。

ツナパハ

福岡の博多座で公演がある時には、必ず食しに行くとの事で、出番と出番の合間にタクシーで往復20分かけて食べに行くのがライフワークになっているとの事です。

ちなみに、ツナパハでの食事は大体15分程掛かり、速度を上げた場合は大体10分程度で、交通時間も含めれば大体30分程であり、結構な頻度でタイムアタックの様相を呈していると言い、中には「そんなに焦る位なら、別口で食事をするという選択肢もあるのでは?」という様な話をされた事もあるとか。

しかし、尾上氏によれば、そのタイムアタックのドキドキ感も自身にとっては最高のスパイスであり、むしろ闘志が掻き立てられるとの事で、そこにも氏のインド関連への深い情熱が感じられます。

尾上右近のカレー愛が止まらない

そんな尾上氏は、オフの日でもカレーを当然食しており、特に探求を続けているのは”違う種類の合い掛けメニューの考案”との事です。

合いがけカレー

現在、ファンから多くのレトルトタイプをもらう機会が増えた結果、自宅の床下は既に色とりどりの種類で埋め尽くされているとの事で、そんなに種類があるのならば、マイベストの探求をするのも悪く無いのではないかなー?と思いたった事がスタートだったと言います。

尾上氏の母親は、いつも予想以上を食べるという事で半分呆れているとの事ですが、探求自体は認めてくれているとの事で、尾上氏の探求が最終的にどんな結実を迎えるかは色々な意味で興味深いです。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。