【低身長はハンディじゃない】前澤友作の経歴を見れば納得した

前澤友作の身長は?

何かと話題の前澤友作さん。

例えば、絶対に月へ旅行に行くなどと世間を大々的に騒がせておいて、子供をもうけながら以前は結婚せず、今は女優の剛力彩芽さんと復縁したかもとフライデーされるなどなど。

そんな前澤さんの印象はというと…背があまり高くないと感じる人も多いはずです。

今回はそんな前澤友作さんの身長についてまとめてみました。

前澤友作の身長は多分162cm

剛力彩芽さんの身長が162㎝で二人のツーショットの写真を見る限りでは、二人の身長は同じぐらいの高さに見えますよね。ですから、前澤さんの身長は162㎝でしょう。

前澤友作・剛力彩芽

日本人男性の平均身長は168㎝ぐらいですから、それに比べても低いです。

低身長でも活躍する有名人たち

前澤さんと大体同じ身長くらいの有名人は俳優の伊藤敦史さんや沖縄出身で元WBA世界ライトフライ級チャンピオンのボクサーの具志堅用高さんらがいます。

しかし、背が低いからハンディになるとは限りません。

彼ら以外にもいろいろな業界で身長は高くないけれど、活躍している人がたくさんいます。出川哲郎は160㎝と小柄ながら、メディアで大活躍している売れっ子芸人です。

このように162㎝よりも低い有名人も少なくありません。背の高さと知名度の高さは比例しないようです。

低身長が気になる人は前澤友作の経歴をどうぞ

背が低いからと言って悩むことはありません。

前澤友作さんの経歴は1975年千葉県鎌谷市で生まれて現在44歳。

企業家として1998年から現在まで活躍しています。

総資産は21億米ドル(2018年9月時点)であると公表。

前澤友作

参考:前澤友作は21億ドル(日本円で2300億)の資産をどうやって築いたのか?

早稲田実業高校に在学中している1993年3月にはハードコア・パンクバンド「Switch Style」を結成して、ドラムを担当して7EPをリリースしたほどです。(1995年にCD化)高校生の頃から勉強よりも音楽家活動を盛んにやっていました。

早稲田実業高校に通っていたのですから、卒業後は早稲田大学に進学できたにも関わらず、大学へは進学しませんでした。

1995年輸入レコード・CDの通販ビジネスを開始してビジネスマンとしての頭角を現します。

それからは1998年5月に有限会社スタート・トゥディを設立。その後、この会社を株式会社に改めました。

2001年にはバンド活動を停止して、経営者としてビジネスに専念し始めます。

2007年12月に株式会社スタートトゥディが東京証券取引所マザーズに上場してから、2012年11月に東京証券第一部に市場を変更しました。

2012年11月、公益財団法人現代芸術振興財団を設立し、2013年10月ファッションコーディネートアプリの「WEAR」の運営を開始します。

2016年フォーブスが発表する「日本の富豪50人」で14位にランクインするほどの金持ちになる。

2018年会社名を株式会社ZOZOTOWNに社名を変更してから異変が起こり2019年9月12日にZOZOTOWNがヤフー傘下に入ったことから、社長を辞任することを自身のTwitterで発表します。

ZOZOTOWNの社長を辞任した翌日に再度株式会社スタート・トゥディを設立してから、代表取締役に就任します。

経歴を見る限りでは、所謂サラリーマンとして会社勤務がなく、ずっと会社経営に携わってきたようです。

前澤さんのメディアでの発言でもそこのことが感じられます。

高校生時代は音楽活動に熱心なあまりに学校の授業に出なかったようです。また、高校卒業後はすぐにアメリカのサンタモニカに留学している彼女を頼って渡米するほどのアクティブな人です。

経歴を見ても普通の人とはどこか違う、自由奔放で自分の好きなように生きて、人生を謳歌しているようにも見えます。そしてメディアに出たがりで、人の注目を浴びたい目立ちがりの性格を持ち合わせています。

今後は皆の前でどんな発言をするか、またどんな事業を始めるのか、年齢が離れている剛力彩芽さんとは結婚するのかどうか、まだまだみんなの注目の的になることは間違いありません。

ね!身長でも関係ないでしょ笑!

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

オススメの関連コンテンツ


このページの先頭へ