中村吉右衛門

中村吉右衛門の『鬼平犯科帳』は次の世代へと…

“映画公開される『鬼平犯科帳』にて、親戚にあたる…”

中村吉右衛門と言えば鬼平犯科帳を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

今作品で当たり役とも言える長谷川平蔵を吉右衛門さんは実に30年近くも演じ続けました。

そんな鬼平犯科帳とはどのような作品だったのでしょうか?

今回は中村吉右衛門の鬼平犯科帳についてまとめてみました。

鬼平犯科帳とは?

中村吉右衛門が主演した鬼平犯科帳の放送が始まったのは1989年、4代目として彼が抜擢されて、すぐに高視聴率を獲得するに至ります。

日本屈指の時代劇として有名であり、一流の役者たちが緊張感を持って臨み、撮影現場にはいつも緊迫した雰囲気が漂よい、最高の作品に仕上げようという意欲でスタッフが一丸となっていました。

そのため、ゲストとして出演する俳優が、その雰囲気に圧倒されてしまい、その場で震えてしまったという逸話も残ってるくらいです。

鬼平犯科帳

物語は特に奇をてらったものではなく、王道の時代劇。

解決するのが難しい事件が起こって、中村吉右衛門の演じる長谷川平蔵がそれに挑戦するといった内容。また魅力的な仲間である密偵がいて、協力しながら解決に近づいていくところが番組の見どころです。

長期出演でも違和感を与えない中村吉右衛門の演技力

中村吉右衛門はさまざまな役を演じていますし、役者以外の分野でも活躍しています。

しかし数ある作品のなかでも、彼に対して最も印象が強いのはやっぱり鬼平犯科帳でしょうね。多くの人がそう感じるほどの当たり役であったことは、番組が彼が主演で28年にも及んだ事で証明できるでしょう。

鬼平犯科帳のワンシーン

30年近く同じ役を演じられる人はどんなに素晴らしい役者でもそう多くありません。体力的に難しいという面もありますし、役のイメージをキープし続けることが相当難しいからです。

当然ですが人間が年をとると印象は次第に変わっていきます。それに対して作品のなかの役はイメージを一定に保ってなければなりません。そこからズレないように努力する必要がありますが、たいていの場合は途中で難しいと気づき、早々に若手にバトンタッチするのが一般的でしょう。

5年続けられたら良いほうで、28年というのは規格外といっても過言ではありません。

いくら役者が努力しても、視聴者が違和感を覚えるケースがあり、そうなると次第に視聴率は下がっていきますが、鬼平犯科帳に関してそのような現象はありませんでした。つまり、視聴者から見ても吉右衛門さんは自然と思える演技をずっと続けられたということです。

次の『鬼平犯科帳』は?

ちなみにこのバトンは2024年に映画公開される『鬼平犯科帳』にて、親戚にあたる十代目松本幸四郎さんに引き継がれることになりました。

十代目松本幸四郎

彼も一流の役者であり、知名度でいえば中村吉右衛門と同等といえる存在です。そのような彼でも、この役をとても真摯な気持ちで引き受けました。

それだけ歴史のある役であり、それを継ぐのは非常に重みを伴うということです。

関連記事

現在の松本幸四郎は十代目です歌舞伎界って同じ名前を使うので、あまり興味がない方だと人間違いしてしまいまう事もあるかとおもいます。市川なんちゃらとか、松本なんちゃらとか...そんな中でも今回は松本幸四郎についてまとめて[…]

松本幸四郎

次の世代へと受け継がれた鬼平犯科帳はどのようになるのでしょうか?

今から楽しみですね!

中村吉右衛門とは…

中村吉右衛門はそのような役を長年任されていたことに誇りを持っていますが、これを鼻にかけて自慢することはありません。常に若々しい雰囲気をまとっており、穏やかな対応をしてくれる優しい男性です。

聡明であることでも有名ですが、一方で頑固といえるほど考えを貫こうとする硬い意志も持っています。

我慢強いことも特徴であり、弱音をなかなか吐かないので、鬼平犯科帳のような素晴らしい作品を長期出演できたのではないでしょうか?

中村吉右衛門の今後の活躍、また新しい鬼平犯科帳にも期待ですね。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。