中村勘九郎・前田愛

中村勘九郎、前田愛との馴れ初めは不慣れなキスシーンから?

“馴れ初めについても結婚をする前に出演していた…”

人気歌舞伎役者のひとりでもある六代目中村勘九郎さん。

勘九郎さんと言えば子役で一躍有名になった女優の前田愛さんを妻に持ってることでも知られてますね。

今回はそんな二人の出会いや馴れ初めについてまとめてみました。

六代目中村勘九郎

中村勘九郎

六代目中村勘九郎

本名:波野 雅行(なみの まさゆき)

生年月日:1981年10月31日

出生地:東京都

配偶者:前田 愛 (2009年から)

子女:二代目 中村長三郎、 三代目 中村勘太郎

両親:十八代目 中村 勘三郎、 波野好江

1年間の中でも年末年始を迎えた時に突出して数が多くなる特番はもちろん、普段放送されているバラエティ番組においても多数出演している歌舞伎役者の中村勘九郎さん。

特番やバラエティ番組に出演されている様子からもわかるように、アドリブが頼もしかったり人を魅了させる能力が高いですが、人を惹き付けるのは本来歌舞伎役者であるからというのも大いに関係していることでしょう。

妻・前田愛

そのような方を絶えず強い愛情を持ってサポートし続けているのが妻の前田愛さんです。

前田愛

前田愛

本名:波野愛(旧姓:前田)

生年月日:1983年10月4日

出生地:東京都

配偶者:六代目 中村勘九郎 (2009年から)

子女:二代目 中村長三郎、 三代目 中村勘太郎

兄弟姉妹:前田 亜季

彼女も同様に結婚をする前は高い頻度でテレビドラマなどに出演していましたが、結婚をきっかけに家庭に軸足を置くようになりました。

馴れ初めはドラマにて

そのため、2人の馴れ初めについても結婚をする前に出演していたドラマが関係していて、あらゆるドラマに出演してきているものの結婚に直接的に関係したのは2001年にNHKで放送されたドラマ『光の帝国』でした。

このドラマは主人公が将来の事が事前にわかるという能力を有しているのが特徴的で、4話という見やすい話数も相まって日頃から熱心にドラマを楽しんでいる方はもとより、あらゆる人達に目が向けられています。

作中で前田愛が演じたのは高校3年生の女性で、女性の事をよく知る幼馴染の役を中村勘九郎が担当しています。

光の帝国

ドラマでは、幼馴染で古くからお互いの事をよく知っているが故に2人の間で恋心が芽吹くまでにはそう長い時間は要さなかったようです。

第一印象はタンクトップ?

ですが、愛さんは勘九郎さんと初めて会った時の印象は少し違和感があったようです。

ドラマを仕上げていく時には、演出者達が台本に記されているセリフを実際に読み上げていく段階があるのですが、読み上げる時に勘九郎さんはタンクトップ1枚だったそうです。

タンクトップは肌着として着用するのはもとより、特に気温が高い日などは半袖のTシャツの代わりとして着用すれば暑さが和らいで快適さはあるのですが、当時は暑さよりも肌寒さを感じる気温だったよう…

また愛さんはこれまでにタンクトップ1枚を着用している男性と接した事が無かったようです。のように愛さんは勘九郎さんの第一印象を良くは感じませんでした。

そういった印象を初対面の時に持っていたのにもかかわらず、このドラマが二人の馴れ初めになったのは、作中で2人が口づけをするというシーンがあったからでしょう。

恋人役や夫婦役を演じた二人が実際に付き合ったり結婚したりするケースはよくあることです。

勘九郎、キスシーンのために…

中村勘九郎キスシーン

口づけをするシーンは専門的にドラマに出演している俳優や女優であればこれまでに何度も経験をしていますが、勘九郎さんは本来歌舞伎役者という事もあって作品を通して異性と接する事がありませんでした。

そのため今回のキスシーンに向けて自分なりにケアを頑張ったようです。

相手は前田愛という認知度が高く出演数も多い女優です。当日は隅々までじっくりと歯磨きをしつつ、昼食として出された焼肉弁当にも手を付けなかったほど。

勘九郎さんはそこまで気を使って撮影に臨みました。

ですが、一方の前田愛さんはと言うと…

普段通りに気にせず楽屋で弁当を食べ、いつも通りの仕事(撮影)をこなしたまででした。

初めはこのような距離感があったようですが、次第に二人は惹かれあい、そして結婚。現在は二人のお子さんにも恵まれ幸せな家庭を築いております。

今後も二人の活躍に期待です。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。