【評判は?】あゆ役の女優・安斉かれんについて

あゆ役の女優、その演技力は?

何かと話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』

平成の歌姫と呼ばれた浜崎あゆみの半生を、事実に基づいて作ったとされるドラマです。

浜崎あゆみだから話題になってるという事もあるのですが、それ以外にもあゆ役の女優がドラマ初出演でこの大役に抜擢されたという事も話題を集めました。

今回はそんなあゆ役の女優・安斉かれんについてまとめました。

SNSで話題の『M 愛すべき人がいて』

土曜ナイトドラマにて放送中の現在人気急上昇中のドラマ。

M愛すべき人がいて

このドラマは歌手の浜崎あゆみが成功を手にするまでの過程を描いたドラマで、仕事や恋愛に悩みながら時代を作っていく浜崎あゆみの葛藤なども細かく描いています。

そして、あゆ役の女優は誰なのかということが一番注目されているところでしょう。

またそれだけではなく、第2話3話と放送されていく中で、あゆのプロデューサーでもあり恋人でもあったエイベックスの会長・松浦勝人役の三浦翔平の演技力や、その秘書役・田中みな実の怪演が評判でSNSを騒がせているのもこのドラマが話題になる要素のひとつです。

浜崎あゆみ本人は今回のドラマに協力しているのかどうかは分からないですが、大半は事実に基づいて製作されているようです。

ドキュメンタリーやノンフィクションの要素が強い作品なので、浜崎あゆみのファンはもちろん、一流の歌手に成長するまでの過程を知りたい人にはお勧めの作品です。

そしてこのドラマを語る上で絶対に欠かせない存在があゆ役の女優です。

あゆ役の女優・安斉かれんとは?

この女優はエイベックス所属の安斉かれんという方です。

音楽をメインに活動していたようですが、今回の「M 愛すべき人がいて」のあゆ役にピッタリだということで主役に抜擢されました。これまで女優として演技をした経験がないのにも関わらず、いきなり主役に抜擢されたことで話題になっています。

安斉かれん

安斉かれんのプロフィールを簡単に説明すると、

1999年8月15日生まれ

・身長は157cmで血液型はB型

・神奈川県藤沢市出身の女性

・エイベックス所属の歌手、女優、モデル

音楽が好きな父親の影響で、幼少期から音楽に触れて育ちました。

安斉かれんはもともとギャルメイクが好きで、お洒落にも興味があった子供のようです。

一見するとどこにでもいそうな普通の可愛い女性ですが、何となくミステリアスで、見ている人の興味を引くような魅力があります。

ファッションやモデルの仕事にも力を入れているようで、時代を作っていくようなスターに成長させたいというような事務所の思惑も感じます。

最近はギャルの人気が低迷していましたが、ギャルタレントやギャル雑誌の復活によって再び注目を集める時が来るかもしれません。その時にスター的な存在が必要なので、安斉かれんをその位置まで引き上げたいという狙いもあるかもしれないですね。

その演技力の評判は?

初のドラマで初の主演になった安斉かれんですが『M 愛すべき人がいて』での演技はあまり上手くないという評判の方が多いです。

はじめての演技なので当然と言えば当然ですが、評判を見る限り視聴者は結構厳しい意見を持っているようです。

新しいチャレンジをすると必ず批判をする人はいますし、誰でも最初は批判されることがあります。大切なのは批判を受け入れて成長していくことです。

目を背けることも重要ですが、今の時代SNSなどで簡単に意見を発信できる時代なので、普通に生活をしていても批判の声というのは耳にしてしまうものです。そこで負けずに頑張り続けることで少しずつ批判する人は減っていき、支持する人が増えていくでしょう。

そもそもこのドラマの主役であゆ役というポジションなら誰が担当しても不満を口にする人はいたのではないでしょうか?

安斉かれんの場合は本格的な芸能活動が今回の『M 愛すべき人がいて』が初めてと言っても過言ではないので、ハードルを上げ過ぎるのは良くないです。今回の作品をきっかけに女優業に力を入れて、演技にも磨きをかけていって欲しいですね。

安斉かれんの今後は?

ギャル押しなので派手な見た目をしていますが、何となくミステリアスな雰囲気があるのが今回わかりました。その雰囲気は意外と悪役なども似合うかもしれませんね。

また、心を閉ざしている女性や暗い過去を背負っている演技にも向いている感じもしました。

今後は違った雰囲気の作品にも挑戦して欲しいと感じさせてくれる人物です。

芸能界で売れるためには才能や見た目も大事ですが、きっかけもかなり重要です。安斉かれんにとって、今回の「M 愛すべき人がいて」がそのきっかけになる事を期待しています。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

オススメの関連コンテンツ


このページの先頭へ