市川海老蔵の次は平愛梨!?関東連合と関係が噂立ってるが真相は…

平愛梨と関東連合は繋がりがあるのか?

最近は”遊び”も落ち着き、ブログではイクメンパパとして好印象の市川海老蔵さん。

そんな海老蔵さんですが、昔はかなりヤンチャだった事でも有名です。

その中でも西麻布で起こした暴行事件は、芸能界と関東連合の繋がりが明るみになり後に大問題へと発展した事は記憶に新しいとおもいます。

海老蔵さんだけじゃなく、関東連合との繋がりが噂される芸能人は多数います。

有名女優やタレント、俳優などなど…

そんな中、最近だとタレントの平愛梨さんが関東連合との繋がりが噂立たれてるようです。

その真相は?

今回はそんな平愛梨さんと関東連合との噂について紐解いてみました。

スポンサードリンク



関東連合ってどんな組織?

ではそもそもこの『関東連合』とはどういった連合組織なのでしょうか?

ウィキペディアによると・・・

関東連合は、20世紀から21世紀の初頭期にかけて存在した日本の暴走族。

東京都世田谷区や同杉並区の暴走族の連合体として1973年に結成され、2003年に解散

関東連合の始まりは、東京近郊に存在する暴走族が連合体になって結成した組織から。

時代と共に影を潜めて行く暴走族は後に解散となります。

ですが当時に作り上げた強い上下関係や仲間意識、また人脈は解散後も存在していて、その繋がりで数々のビジネスを成功させていった者も多く存在します。

若い頃に培った負けん気や根性は、大人になりビジネスの場で活用している方もいるはずです。

だがそんな関東連合だが、世間を騒がせた大きな事件も起こしている。

関東連合関連の著名な事件

【市川海老蔵暴行事件】

その中でも一番有名なのが『市川海老蔵暴行事件』ではないでしょうか。

西麻布のバーにて関東連合のメンバーと顔見知りだった海老蔵さんは同席し、一緒に飲む事になったが、その後海老蔵さんの酒グセの悪さにメンバーが耐えきれず暴行に及んだという事件です。

命さながらその場を逃げ出した海老蔵さんは全治6ヶ月の重症。

そもそも何故歌舞伎役者の市川海老蔵と暴走族・関東連合が繋がってるのか?が、問題視され、その後海老蔵さんは舞台を降板、CMも打ち切りになり、二度とテレビに出る事は無理だろうとまで言われ各方面に波紋を呼び大問題として取り上げられた事件でした。

参考:あの人がっ!?市川海老蔵暴行事件で同席していた有名カリスマモデルとは…

【朝青龍事件】

当時横綱だった朝青龍が、お気に入りのクラブにて酒に酔い、男性マネージャーに暴行したとされる事件。

だが後から出てきた真相は違うようで、クラブにて執拗に女性を口説いてた朝青龍の帰り際に、そのクラブを任されてた関東連合の元リーダーは「もう来ないでくれ」と告げたところ激怒した朝青龍に暴行を受けたらしい。

その後示談が成立したが、朝青龍はこの事件がきっかけで日本の相撲界を追放されたとされている。

【六本木フラワー襲撃事件】

六本木のクラブにて起きた襲撃事件。

関東連合と敵対するチームの人と間違って、全く関係のなかった人物を関東連合関係者が数名で暴行し死に至らせた事件。

その後実行犯とされる13名中12名は捕まったが、首謀者とされる関東連合の元リーダーは未だに捕まってない。

関東連合の関係者が上記のように世間を騒がせた事件を起こしてるのも事実です。

ただの暴走族OBの枠には当てはまらない関東連合。

だが暴力団ではないこの組織を警察庁は”準暴力団”と位置ずけしている。

巷では”半グレ”と呼ばれてるのも関東連合の特徴のひとつです。

スポンサードリンク



関東連合と芸能界の繋がりとは?

そんな関東連合ですが、芸能界にも太いパイプがあり繋がりがあるとも言われてます。

現に元関東連合のメンバーが芸能事務者を経営したり、俳優になってる方もいます。

先ほどの事件の市川海老蔵や朝青龍とも、内容からすると少なからず顔見しりだった可能性もあります。

そしていわゆる芸能界の闇と言われてる部分。

蔓延している違法薬物問題や何かしらの金銭トラブル。

こういった闇の部分にも関東連合が深く関わってるとも言われてます。

かなりアウトローな暗の組織なので、表向き華やかで明の芸能人からすれば、関わりがあるのがバレればイメージダウンになり兼ねません。

海老蔵さんや朝青龍の暴行事件も、関東連合との関わりがバレたのでさらに大問題として取り上げられたのが分かりやすい例だと言えますね。

だがそんな関東連合と関わりがあると言われてる芸能人がいるのも事実です。

女優、タレント、スポーツ選手、俳優など数名の実名がネットに上がってるのを見た事がある方もいるのではないでしょうか?

平愛梨が関東連合元幹部の愛人だった?

そして最近では平愛梨さんが関東連合と深く関わってるとの情報がありました。

一説によると関東連合のメンバーの愛人だったとか…

その件についてまとめてみました。

平愛梨

本名;長友 愛梨(旧姓:平)

生年月日:1984年12月12日

出生地:日本・兵庫県明石市

身長:155cm

血液型:O型

職業:女優、タレント

ジャンル:テレビドラマ、映画、バラエティ

“アモーレ婚”が話題となりイタリアのプロサッカー・インテル所属の長友佑都さんとの幸せそうな新婚生活を送る平愛梨さん。

綺麗な顔立ちで天然キャラを持ち合わせてる平愛梨さんは、女優としてのみじゃなく、バラエティ番組にも数多く出演されてる人気タレントのひとりとしても活躍中です。

そんな平愛梨と関東連合との繋がりが噂立たれたのは・・・

平愛梨さんが元関東連合幹部の工藤明生さん住む、都内の高級マンションに出入りしていたって言うのが、平愛梨さんが工藤明生さんの愛人だった言う事の根拠となっている様です。

との情報からでした。

では関東連合で度々名前が出てくるこの”工藤明生”とはどういう人物なのでしょうか?

芸能事務所『プラチナプロダクション』の経営者で、芸能界にも様々な人脈があり菜々緒や長澤まさみとも関係があるといわれてる、相当な権力者とされてます。

ネットでは関東連合の黒幕とされるこの”工藤明生”

実はこの工藤明生という人物は、、、存在しません

後に関東連合の元幹部・柴田大輔さんが執筆し話題となった告白本『いびつな絆 関東連合の真実』にはこのように記してあります。

「実は私のペンネーム『工藤明男』はネット住人の妄想によって作り上げられた関東連合の黒幕、『工藤明生』パロディー」

「はっきりと断っておくが『工藤明生』などという人物は、少なくとも関東連合の中には存在しない」

ネットで作り上げられた人物が”工藤明生”で、それをパロッたのがペンネームで使われた”工藤明男”だというのだ。

この件に関しては著者本人が言ってるので信ぴょう性が高い。

では平愛梨さんとの関係はどうなのでしょうか?

どうやら、平愛梨さんとの関係はガセネタっぽいですね。

存在しない人物と関係があるとは誰が考えても不自然である。

そもそも平愛梨さんが噂になったのも、週刊誌のスクープや証拠の写真が出てきた訳でもなく、マネージャーからのリークだそうです。

マネージャーがリーク?(笑

その時点で信ぴょう性には掛けますよね。

さらには平愛梨さん本人ではなく、お兄さんが関東連合と繋がってるとの噂も出てきました。

「兄がアメリカでビジネスに成功してとても裕福な生活を送ってるのは関東連合と関わりがあるからだ」

との情報もありましたが、これについてもなんの証拠もなく然程話題にもならなかった事から、ガセネタの可能性が高いですね。

『市川海老蔵の次は平愛梨!?関東連合と関係が噂立ってるが真相は…』・まとめ

今回は平愛梨さんが関東連合と関わってるのでは?との噂があったのでその真相について調べてみました。

結果・・・

平愛梨さんと関東連合は全く関係がない!事がわかりました。

これは芸能人が受ける特有の嫉妬や妬みから、そのような悪い噂が立たれたようです。

また、『いびつな絆 関東連合の真実』を執筆した柴田大輔さんによると、

こういうウワサは誰かが2ちゃんか何かに書き込こんで、それがハマると広がって行く

と語ってました。

だが全く無名で話題にもならない芸能人だとこのようなデマも流れません。

いい噂も悪い噂も出てくるのは人気者の証なのでしょう。

今回も最後までご覧頂き有難う御座いました。

市川海老蔵にも良からぬ噂が!

参考:海老蔵と小林麻耶の”最新”の怪しい写真は確かに怪しい…

参考:「愛してる」は嘘で作り話!?市川海老蔵を妬む人が酷いww

スポンサードリンク



こちらの記事もオススメです


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

歌舞伎ブログランキング
1位獲得!
歌舞伎 ブログランキングへ

市川海老蔵プロフィール

十一代目市川海老蔵
本名:堀越 寳世(ほりこし たかとし)
生年月日:1977年12月6日
出身地:東京都
身長:176cm
体重:80kg
血液型:AB型
星座:射手座
妻:堀越 麻央(小林 麻央)
長女:麗禾
長男:勸玄

妻・小林麻央プロフィール

小林 麻央
本名:堀越 麻央(ほりこし まお)
生年月日:1982年7月21日
出身地:新潟県
血液型:A型
星座:さそり座
夫:堀越 寳世(十一代目市川海老蔵)
姉:小林 麻耶
長女:麗禾
長男:勸玄

義姉・小林麻耶プロフィール

小林 麻耶
本名:小林 麻耶
生年月日:1979年7月12日
出身地:新潟県
血液型:A型
身長:157cm
星座:蟹座
職業:フリーアナウンサー
妹:小林 麻央

このページの先頭へ